【 お願い 】 ブラウザの表示:文字サイズを小(S)でご覧いただく事をお勧めします。

グアムレポート

【 Free Tour in Guam 】


Schedule : From January 5th to 9th, 2012

笠取 ワ イ ル ド  【 WILD SEVEN 】

●今度のツアーはどこ行くの? 何するの?
 笠取企画での海外ツアーも回を重ねるごとに、ネタがぁーーー 無い!(笑)  恒例の役員&スタッフのミーティングです(笑)。。。

 以下、役( =役員側の主張 ) と ス( =スタッフ側の主張 ) のバトル抜粋です(笑) … by 関西弁  
  ス:「 今度は、パーっと ヨーロッパ かぁ〜? ← ハイ・テンシヨン
  役:「 燃料チャージ高すぎるわぁ〜 ← ケイヒ・セツゲン
  ス:「 ほんだら、アメリカ かぁ〜? ← アキラメズニ オス
  役:「 いっしょ やし! ← ワカツテ ナイシ
  ス:「 ほんだら、時期ずらす かぁ〜? ← デヤ!
  役:「 技能講習あるし 無理! ← アマイ
  ス:「 どこでもええし 行かへん かぁ〜? ← ナキオトシ
  役:「 今年もグアムで ええやろ! ← ゴウイン
  ス:「 分かった ・・・ 」 ← イカヘン ヨリ マシカ
  役:「 ただーーし! 今回は、各自自由行動! "やったことないこと" を必ず1つするように! 以上だ!」
  
  ということで、新たなメンバーも加わり、初体験有のグアムレポートをお届けしまーす!!

  by  笠取射撃場 & 京阪奈シューティング・クラブ一同


暗い闇夜を引き裂き・・・ 今・・・
7人のメンバーが集まろうとしている!・・→

彼らの名は・・・ か、かっ、、
笠取 ワイルド 7 だぁ〜! 」(笑)

機内で最終上陸地点の確認!(笑)

上陸完了! Guam International Airport

暑くないのかなぁ〜(笑)

贅沢にOUTRIGGER ( アウトリガー ) 泊?
No! この景色が見えるホテルです(笑)


★★★ Tactical Operation Shooting Range ★★★
●グアムで制覇していなかった唯一の野外射撃場!! それが、T.O.S.R.!! 
  ※ グアムには野外射撃場が3つある。 T.O.S.R.も、G.O.S.R. や World Guns と同じファクトリー弾を撃てる野外射撃場です。
  ※ これで、出発前の約束 「 やったことないこと 」 をしたことになるのかなぁ〜(笑)

 T.O.S.R. の事務所はココ ・・→

 早速、中に入ってみましょう!

見慣れた銃が並んであって。。

物色していると。。 ・・→

 454カスールあるやん! 渋過ぎる!
 口径に感動するマニアが… by 専務

本日の契約内容を最終確認!!

急げ! 銃と装弾を積み込むんだ! ・・→

射場へ出発!でも〜雲行きが怪しく。
雨男が1人います。誰か分かるかな?

到着! レンジの全景はこんな感じ!

今回の右腕となる ・・→

ハンドガン達!!

 コーラの飲み会ではありません(笑)
標的です! よく振るんですよぉ〜!

 早速、コーラ缶の標的をスタンバイ!

 次にすることは何?! ・・→

 正解! 銃の点検ですね!!
Desert Eagle 確認中 by 事務局長

 僕、これがいい!
 S&W M500撃つのは、まだ早いの!(笑)

初めて見た454カスールのシリンダー!

 .500S&W と .454CASULL をチェック!
世界最強、NO.1 と NO.2 のリボルバーだ!

 次にすることは。。。 ・・→
マガジンに弾を込めておく事だ! by 部長

 マガジンと装弾を間違わないでね!!
「 それは、こっちの!そっちやし! 」(笑)

 では。。ぼちぼち始めましょうか!

 まずは、サイト調整から! by 専務

世界 NO.2 リボルバー ・・→
.454CASULL by 専務

 俺は、世界最強から撃つ!!
S&W M500 .500S&W by 部長

 そして、次に世界最強のオートを撃つ! ・・→
Desert Eagle .50AE by 部長

 いい感じだ!!

 ちょと貸して!。。。.50AE
専務 on ステージ

 じゃー! 俺もそいつを!。。。 ・・→
Desert Eagle .50AE by 場長

 いい感じだ!!

 僕も続きまーす!! .50AE
技術担当者 on ステージ

 S&W M500 .500S&W
部長 on ステージ

 S&W M500 .500S&W ・・→
場長 on ステージ

 世界最強のリボルバーだ!!
やっぱりスゴイわ! by 場長

 後は流させてもらうでぇ・・・ ・・→
事務局長 on ステージ

 コツを掴んでいるので ・・→

 どの銃でもOKです!!

 初ハンド・キャノンとは。。 ・・→
E氏 on ステージ

 思えないほど。。 ・・→

 基本が出来ています! 凄い!

 わたしも2回目だけど。。 ・・→
従業員S氏 on ステージ

 構え方は、ちゃーんと。。 ・・→

 様(さま)になってるでしょ?!
うん! 先生がいいからね!(笑)

 ハンドガンの練習量は。。・・→
技術担当者 on ステージ

 人一倍撃ってますので。。・・→

やっぱり、上手ですね!!
Trapも練習してね。。(笑)
◆ Others Photo ◆
      
 
 
最後は、薬莢を拾ってお片付デス!
以上! お疲れさまでした。。。(笑)  
   
★★★ Guam Pacific War Museum  ★★★
●お勉強のお時間デス! 太平洋戦争時の日本軍・アメリカ軍の様子などを学べるミュージアムです。
  ※ これで、「 やったことないこと 」 をしたことになるやろぅ〜!  ← ミタ ダケデ エラソウニ!

 早速入ってみましょう!

 いきなり米軍車両がずらーリ! ・・→

と並んでいます!!

 こんなんとか。。。 ・・→

 こんなんもある! ・・→

 記念撮影 by 場長!

装甲車の中だって、 ・・→

  ・・→ 自由に見学ができます!

記念撮影 by 専務!

 館内の様子です。。。

 記念撮影 by 従業員S氏!

記念撮影 by E氏!

 【館内】 アメリカ軍の。。。 ・・→

展示エリアは。。。 ・・→

こんな感じです!!

 【館内】 日本軍の。。。 ・・→

展示エリアは。。。 ・・→

こんな感じです!!

表に出ると。。九九式艦上爆撃機?の尾部

 日本軍の速射砲(対戦車砲)と高角砲2門

 記念撮影 by 技術担当者!

 UNITED STATES MARINE CORPS

 米軍の車両をバックに記念撮影!

高角砲をバックに記念撮影!
   
★★★ GUAM OUTDOOR SHOOTING RANGE ★★★
●グアムの射撃は、必ずG.O.S.R.で!! 
  ※ 毎度お馴染みになりましたね。。笠取射撃場ご用達の G.O.S.R. です。
  ※ 社長をはじめ、スタッフの皆さん方も、とても親切。グアムに行くときは、必ず立ち寄ってくださいね!!
  ※ 今回は新しいレンジで、CQB( Close Quarters Battle )にも挑戦だ!  ← コレハ ヤツタコト ナイ!

 射場へ出発!またもや雲行きが怪しく!
あの男を1人降ろせば晴れるかも?(笑)

 .50AEのDesert Eagleだって…
どちらも ・・→

.500S&W Magの M500だって…
G.O.S.R. で撃てますよ!!

 気合満々で準備してます! by E氏 ・・→

C.Q.B. 直前練習! ・・→
E氏 on ステージ

 肩慣らしだけしておこう!
事務局長 on ステージ

まだ練習するのぉ! ・・→
E氏 on ステージ

C.Q.B. 直前練習! ・・→
技術担当者 on ステージ

 もうええやろ! 練習は以上!!
専務 on ステージ
   
   ☆☆ C.Q.B. ☆☆   *** Close Quarters Battle ***   いざ。。 C.Q.B. レンジへ GO!!

 専務 on ステージ

 部長 on ステージ

場長 on ステージ

 技術担当者 on ステージ

 事務局長 on ステージ

E氏 on ステージ

 専務 on ステージ

 技術担当者 on ステージ

場長 on ステージ

 部長 on ステージ

事務局長 on ステージ

 専務 on ステージ

場長 & 専務 on ステージ

 部長 on ステージ

 場長 & 専務 on ステージ

 E氏 on ステージ

事務局長 on ステージ

 場長 on ステージ

場長 on ステージ

 技術担当者 on ステージ

 専務 on ステージ

以上! ☆☆ C.Q.B. ☆☆
   
★★★ おまけコーナー ★★★
◆ 朝市!【 あさいち 】 ◆

市の規模は想像以上に大きい! ・・→

露天がいっぱい並んでいます! ・・→

1時間では見て回れない広さです!

目的は。。 ・・→

こういうお店を物色することですね!  ・・→

お買い得! 結局買っちゃったぁー!

ヤシの実を飲んでみる! ・・→

飲んだ後は、切って中を食べれる! ・・→

醤油と山葵でいただく!結構うまい!

◆ スカイダイビングに挑戦! ◆

これに乗って飛ぶ!  ・・→

「 イエイ! 」 と言って落下する!  ・・→

パラシュートで降りる! 以上です!

◆ スクーバー!【 ボート・ダイビング 】 ◆

今年も来てしまったぁー(笑) ・・→

こんなボートに乗る!  ・・→

沖に向って出発!

ダイブポイントはココ! ・・→

水中カメラがないので ・・→

船上で記念撮影のみ(笑)

疲れたぁ〜!でも綺麗だったぁ〜! ・・→

嬉しい昼食付! ・・→

ボートダイブをした皆さんと記念撮影!

◆ お食事編 ◆

初日の夕食は全員で" セイルズBBQ " ・・→
嵐の前の「 静けさ 」 って奴です!

シェフのE氏が厳しく指導! ・・→
「 そこの2人!焼き方が雑!(笑) 」

飲み切れても、食べ切れませーん!(笑)
お腹いっぱーい!!
 

人気のPROA(プロア)で昼食! ・・→

英語のメニューを読めるのは何人? ・・→

食べる前に撮っておくか!

ミクロネシア風の ・・→

フュージョン系料理です! ・・→

おいしそうですね!!
 

Hard Rock Cafe Guam にも行く! ・・→

店内はこんな感じ! ・・→

アメリカン・バーガー??
 

常夏では、やっぱり、ビールが一番! ・・→
( Budweiser の缶の違い分かるかな? )

でも、ワイン談議に超うるさい2人が!(笑)
Hard Rock Cafe Guam にて

朝マック? いやいや「 朝ラ 」です!
藤一番 GUAM Tumon1号店 にて
◆ お買物編 ◆

真ん中が窪んでいる ・・→

変わった形のWD−40!!

アウトレットでお買い物!
 

ポリス系グッズご用達のCODE1で ・・→

手錠を購入しました!! コレです! ・・→

実際に使ってみないとぉ! by 事務局長

「 専務! はずしてぇー! 」  ・・→

さすが S&W 純正!「 あ゛っ!鍵が〜 」  ・・→

「合わんなぁ〜」 「え゛っー」
 

ブランド ショッピング中のお二人!

Winchester のジャーキーは、
グアムの D.F.S. で買えます!

まだ買えるかぁ〜! ←誰にかな?
お財布がキャッキャッ言ってます(笑)
◆ その他 いろいろ ◆

1人で恋人岬に行く!
さて誰でしょう?(笑)

自主トレ中! 好きですねぇー!
Western Frontier Village

バスはまだかなぁ〜!

「わ、わっ、、ワイルド 7 だぁ〜!」
「 ハイ! 」 ←← 「 火っ! 」

レンタカーでマリンドライブ!!

アメリカのブランドって幾つ言えますかぁ?
TUMON SANDS Plaza にて


【 雑 感 】
  自由行動ということは、好き勝手ということですね(笑) どうなることかと、ちょっと心配でした。
  でも、ワイワイ・ガヤガヤ・気兼ねなしのメンバーなので、これはこれで良かったかな?!
  なんか、グアムも庭( =国内 ) になってきたので、次回はないと信じていまーす(笑) ← ヤクイン ガ イツテルシ
  でも、歴史的な円高で、海外旅行も身近になりましたね! 何をしても安い・安いのオンパレードは嬉しいです。。。
  さーて・さて! … 次回のツアーは何処に行くんでしょうかねぇ〜?? 

【 今回の射撃場(レンジ) 】
   T.O.S.R. , G.O.S.R. , Western Frontier Village

【 S&W M500 について 】 ・・・ちょっとシビアなお話!(笑)
  世界最強のリボルバーといわれる S&W M500! 既に撃たれた方も多いでしょう。
  44マグナム(.44 Magnum) の約3倍の威力といわれ、女性には撃たせないレンジもあるほど、強力なハンドガンです。
  しかし、 「 スゴイ反動だった! 」 という方と、 「 こんなもんか? 」 という方がいたはずです。 ( ←経験者なら )
  何か大事なことを忘れていませんかぁー?
  そうです! 答えは、 「 弾頭の重量 」 です!!
  あなたが撃ったレンジで使用した弾頭の重さを、ちゃんと記憶してますか?
  当然ですが、弾頭が重いほど反動もきついですよね!
  ファクトリー弾といえども、お客さんの安全性や銃の耐久性を考慮して、レンジによっては使用する重さが違うのです。
  .500S&W Mag の本来の反動?を経験するには、400gr(グレーン) 以上の弾頭(重さ)が基準となります。
  でないと、.50AE(Action Express) や .454カスール(Casull) のほうが、反動が強かったなんて体験をしてしまいますよぉー。
  「 お高い 」 「 お値段 」 の 「 お遊び 」 (笑)ですので、プチ知識として覚えておいてくださいね!

      PS:写真の掲載順は、実際のスケジュールと多少異なります。また、割愛部分が多数含まれております。


T.O.S.R.のレンジをバックに!
笠取 荒野の七人 【 The Magnificent Seven 】


Written by 京都笠取国際射撃場 専務取締役


戻る