【 お願い 】 ブラウザの表示:文字サイズを小(S)でご覧いただく事をお勧めします。

グアム狩猟ツアー

【 Hunting Tour in Guam 】


Schedule : From January 3rd to 7th, 2011


●事の経緯を説明しますとね ・・・・・
 お陰様で、「グアム実銃射撃ツアー 2」 以降、G.O.S.R. ( Guam Outdoor Shooting Range ) とは親しくさせていただいております。
  ↑ 初めて 「 グアム狩猟ツアー 」 をご覧の方は、必ず 「 グアム実銃射撃ツアー 2 」 を先にお読み下さい(笑)  ・・・ コチラをクリック!!

 実は、「 グアム実銃射撃ツアー 2 」の後、G.O.S.R.のレンジマスターであるJ氏が、笠取射撃場を訪れことがありました。 ← インター・ナショナル デスネ(笑)
 お国が違えば事情や勝手も違いますが、射撃話で花が咲いているときに、次のような会話があったとさ。。。。
  笠取射撃場:「 次にグアムに行くときは、何か変わったことしたいよなぁー 」 by 関西弁
  J氏:「 そうだねー 」 by 英語
  笠取射撃場:「 グアムでも狩猟って、出来るんちゃうの? 」 by 関西弁
  J氏:「 出来ると思うよ! やってみる? 」 by 英語
  笠取射撃場:「 日本では寒い中しか出来へんし、常夏の狩猟も面白いかもしれんなぁー! グアムで狩猟なんて聞いた事ないしなぁー? 」 by 関西弁
  J氏:「 じゃー、決まりということで・・・ 」 by 英語
 ということで、まさか・まさかの夢物語だったのですが、きちんと約束を覚えていてくれたのですね。(感謝)

 今回の狩猟は、J氏の絶大なるご協力のお陰で実現したといっても過言ではありません。
 残念ながら、獲物は射止めることができませんでしたが、常夏グアムでの狩猟という超貴重な体験をさせていただきました。
 本紙を借りて、改めてお礼申し上げます。 本当にありがとうございました。
 by  笠取射撃場 & 京阪奈シューティング・クラブ一同

●グアムでの狩猟は日本と少し違う!! ・・・ お勉強のお時間デス(笑)
  ※ 狩猟期間は10月から3月の半年間。 但し、色々な条件はありますが、期間延長や年によっては1年中狩猟が楽しめる年もあるそうです。
  ※ 狩猟可能時間は「 日の出 」から「 日の入 」までが原則です。 但し、特別許可や条件によって、夜間や24時間狩猟が可能な場合もあります。
  ※ ハンター・オレンジのベストやシャツ、ジャケットなどを身につけることが原則となっている。 目立つ服装が大切だということですね。
     従って、大日本猟友会の帽子やベストも勿論OKですよ。 ← 今回のツアーでは日本人の証ということで持参した人もいます(笑)
  ※ アルコールは検出されたら捕まります。 勿論そんな事をしちゃダメですよ。 日本同様に厳しいですね。

  などなど、各州・各自治体によっても細かな違いは沢山ありますが、最後に1つだけ決定的な違いが・・・・ それは、それは、それは・・・・ ← ハヤク イエ(怒)
  ハンド・ガンでの狩猟が可能 だということです。 ← アタリマエカ(笑)
  但し、.357Mag以上の口径で、4inバレル以上しかダメとのこと。 つまり強力な拳銃ということです。 半矢の関係もあるのでしょうね。
  ちなみに、ライフルは、.223Rem以上です。 ・・・ 「みなさん分かりましたか?」 「はーい!」

  ではでは、お待たせいたしました。 これらを踏まえて、グアムでの狩猟を実感して下さいネ!

★★★ HUNTING in GUAM ★★★
<< Hunting の画像はイメージでの撮影を含みます。ご了承下さい。 >>

こんな森を抜けていく

猟場へと向かうダート道

車はここまで。いざ出陣!

広大な景色が・・・→

目の前に現れる!

「はーい!」猟場はコチラです!(笑)

猟場を前にガイドどうしが打合せ

高台から猟場を見渡して全景を確認

ハンドガンでも狩猟は可能
by 場長 & 部長

これ!何ヤードのゼロイン?
by 技術担当者

これ!どれぐらいドロップする?
by 場長

ハンドガンでも当たるかな?
by 部長

タクティカル系もOK

こうやって撃つの?(質問)・・・→
by 従業員S氏

こうやって撃つの!(回答)
by 事務局長

高台から撃ち下ろすとこんな感じ!
by 専務

さあ、あの丘を越えて進むんだ!

ブッシュを進んで「待ち」へと向かう

外方向・放射線状に陣を取ることに

次の「待ち」は、さらに奥だ!

遠くまで来たもんだ!

「待ち」からの風景1

「待ち」からの風景2

「待ち」からの風景3

「待ち」一人撮影 by 技術担当者

自然の銃架

水は必需品

FN PS-90で狙ってみる
事務局長 on ステージ

専務のベストには、なぜか
ラッセル・マーク氏のサインが(笑)

「ぼちぼち撤収しまーす! 集合!」

Wolverines! 【 Red Dawn 】by 専務

暑過ぎ!ベストを脱いで
記念撮影 by 場長

狩猟【しゅりょう】は終了【しゅーりょう】(笑)
   
★★★ GUAM OUTDOOR SHOOTING RANGE ★★★
●グアムの射撃は、是非 G.O.S.R.で!! 
  ※ G.O.S.R.は、社長をはじめ、スタッフの皆さん方も、とても親切で好感がもてます。 グアムに行くときは、必ず立ち寄って 「 バンバン 」 しましょう!
  ※ 何か新しいレンジも建設中との噂を耳に! 楽しみが尽きない射撃場です!!

前回訪れた時よりも・・・→

 さらに、充実されている・・・→

品揃えは、流石でございます!

嬉しいことに、受付にはGOSR社長との
場長&専務の写真が飾ってありました。

まずは肩慣らしならぬ「腕慣らし」
事務局長 on ステージ

 G.O.S.Rでの初撃ち。
 技術担当者 on ステージ

早く撃って欲しいとハンドガン達が待つ!

次の準備もきちんと整理されている!

Marlin社のCarbine銃を片手に!
事務局長 on ステージ

狩猟でも使用したFN PS-90
事務局長 on ステージ

 先進的なメカニズムですね

サイトを覗くとこんな感じ

相変わらず.357Magがお好みで
専務 on ステージ

 .44Magだけは撃っておこう
場長 on ステージ

初めてのハンドガンにドキドキ!!
「専務!当たらへん」 by S従業員 ・・→

 「貸してみ! 当たるヤン」 ・・→
「銃は悪ないし」

S従業員、射撃指導中 by 専務 ・・→

「当たったヤン!」 様になってきました!!
S従業員 on ステージ

 銃器・メカニックの探究心は人一倍!
休憩中なのに流石ですね! by 部長

 AKを腰ダメで撃ってみる by 場長

トンプソンを横撃ちしてみる by 専務

 ファイアー・ボム【Fire Bomb】(仮称) の実験

ブタンガスの種類によって ・・→

着火・発火等に影響があることが判明!
   
★★★ おまけコーナー ★★★

室内射撃場の偵察命令が・・・→
by 技術担当者

そして、撃たされる。・・・→

2回目にしてはギリギリ合格点かな?・・・→

次に、世界最強の・・・→

S&W M500 を撃って来いと命令され・・・→

撃ってみる!!

すごいっす! なぁー言うたやろ(笑)

他にも撃って来ましたけど(報告) ・・→

それは、どうでもええ!!(笑)


タロフォフォの滝公園に行ってみる。・・・→

公園内は、英雄:横井下士官が・・・→

28年間生活した場所もある。

Ke−Ra−Da銃砲店も立ち寄る。 →

ペレットがズラリ。

事務局長の好きなお名前が!(笑)

変わった ・・ 灰皿

カッコいい ・・ パトカー

きれいな ・・ 虹

Fort SANTA AGUEDA からの夜景

本日の班別報告会
明日の行動が指示される。

事務局長の祈祷ではありません(笑)
全体反省会は毎晩&深夜におよぶ。

D.F.S.よりも、CODE1でお買物!
ガン・マニアですねぇー(笑)

「次は!この車に乗るぞー!」 by 場長
射撃場の送迎では無さそうな車が? →

不安的中! 到着したのは単なる海辺!
此処はどこ? 私は誰? 何をする気?

一応 合間を縫って、海辺を散歩したり、・・・→

ビーチで泳いだり、・・・→

お茶したり、もやりました。
・・・以上。 ご報告終わり(笑)

【 雑 感 】
  笠取企画での海外ツアーも回を重ねるごとに、自分のことは自分で出来るようになってきました。
  心強い反面、各自が好き勝手に行動するため、日々の報告とミーティングは深夜のホテルとなり、
  相変わらずの寝不足が続きます。(笑)
  年を取るにつれ体力的には限界なのですが、それを上回るスピードで経験がカバーしていくため、
  ツアーの中身が、どんどん増えているような気がするのですが。。。
  何か、毎年・毎年、しんどくなっているような気がしませんか???

【 今回の射撃場(レンジ) 】
   G.O.S.R. , World Guns , Western Frontier Village

      PS:写真の掲載順は、実際のスケジュールと多少異なります。また、割愛部分が多数含まれております。


時間が無いと言いながらも・・
スクーバダイビングにも行く。
「 今度は水中銃やな! 」 ← そこ?!

G.O.S.R.のレンジをバックに!
【 記念撮影 】


Written by 京都笠取国際射撃場 専務取締役


戻る